スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>宮崎など3市、埋却作業終了(毎日新聞)

 宮崎県で口蹄疫(こうていえき)が拡大している問題で、県は11日、新たに感染疑い例が出た宮崎、日向両市と、西都市の農家の家畜はいずれも陽性だったと発表した。3市は同日夜までに殺処分、埋却作業を終えた。

 宮崎市は1325頭の養豚農家。日向市は349頭の肥育牛農家。西都市は550頭の肥育牛農家。県は3農家を中心に新たに移動・搬出制限区域(半径10キロ・同10~20キロ)を設定する。

 宮崎、都城市などでは11日から県教委、市教委所管の文化・スポーツ施設を一斉に休館する措置を取った。県施設は図書館、博物館など5施設。宮崎市も総合体育館など66施設を閉鎖するが、このうち、夏の甲子園の県大会会場の一つとして予定するアイビースタジアムがある生目(いきめ)の杜(もり)運動公園も「発生農家に近く、感染防止を考慮した。高校野球は使えないだろう」と話した。

    ◇

 農林水産省と県は11日、西都市と川南町の2農家で新たに感染疑いのある牛が確認されたと発表した。286~287例目。1425頭は殺処分される。いずれもワクチン接種をしていた。【石田宗久、小原擁】

【関連ニュース】
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖
口蹄疫:菅首相、12日に宮崎を訪問
口蹄疫:篠原副農相が宮崎入り
口蹄疫:宮崎深刻、感染さらに拡大 西都や木城でも

ディオバンが高齢者で降圧目標を安全に達成―ノバルティス(医療介護CBニュース)
JOGMEC、米リチウム鉱床権益獲得(産経新聞)
日本振興銀行を検査妨害の疑いで捜索…警視庁(読売新聞)
東京地検、初のオープン記者会見…「ハードル高い」 需要は大都市だけ!?(産経新聞)
<会社役員殺害>「人違い」逮捕の組員供述 07年・高崎(毎日新聞)
スポンサーサイト

お隣のガス代、24年支払い続けて237万円(読売新聞)

 広島ガス(広島市南区)は31日、広島市の一般世帯に対して24年間にわたって、ガス料金を過大請求し、約237万円を誤って徴収していたと発表した。

 同社は利息を加えた約419万円をこの世帯に返還した。

 中国経済産業局は同社に、再発防止などを徹底するよう文書で指導した。

 広島ガスによると、1985年にこの世帯で、二つあったガスメーターをまとめる工事をした際、この世帯のガスメーターを通る形で、近隣の別の世帯へのガス管をつなげてしまったため、2世帯分の使用量を請求していたという。

 昨年12月にこの世帯へのガス管を閉めた際、両方の世帯でガスが止まり、発覚した。

 同社は、地下のガス配管の接続状況が図面でしかわからない4474世帯について、現地調査をして、同様の誤徴収がなかったか調べる。

 広島ガス広報環境室は「お客様に迷惑をかけ申し訳ない。再発防止の徹底に取り組む」としている。

<名鉄>特急電車の裏側に子どもも興味津々 でんしゃまつり(毎日新聞)
誤射後に自殺?猟友会の2人死亡 京都・福知山(産経新聞)
エコブームに便乗 キリの植林名目で出資金募る 無登録営業で3人逮捕(産経新聞)
「退陣は私の不徳のいたすところ」官房長官、総辞職に反省の弁(産経新聞)
<傷害>男に頭殴られ中2女子けが…名古屋の市道(毎日新聞)

<パロマ中毒死事故>元社長ら控訴せず 有罪確定へ(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市)製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われ、11日に東京地裁で有罪判決を受けた元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(60)は控訴期限の25日、弁護人を通じ控訴しない意向を明らかにした。それぞれ執行猶予3年が付いた禁固1年6月と1年の判決が確定する。両被告は「裁判所の判断は心外に思っているが、個人的事情により控訴しないことにした」とコメントした。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
<関連記事>パロマ湯沸かし器の事故で15人が中毒死(06年7月15日)
<関連写真>パロマ中毒事故:元社長らに有罪判決 東京地裁
<関連記事>パロマ湯沸かし器事故:元社長有罪 死は無駄じゃなかった 経緯も
<関連記事>パロマ中毒事故:対象製品所有者らに注意 消費者庁
<関連記事>パロマ湯沸かし器事故:回収対象の製品、HPで注意喚起--消費者庁

<殺人>入店直後に刺す? 大阪パチンコ店の男性客刺殺(毎日新聞)
首相、28日にも会見=政府方針表明へ―普天間(時事通信)
<小沢氏>「青木氏は既成の政治家」 (毎日新聞)
第4回日本文明論シンポ開催(産経新聞)
感染症サーベイに「課題」―感染研・岡部センター長(医療介護CBニュース)

コシノジュンコさん 北京・人民大会堂でショー(毎日新聞)

 【北京・米村耕一】デザイナーのコシノジュンコさんが15日夜、北京の人民大会堂でファッションショーを開いた。85年に北京で開いた初めてのショーから25周年を記念したもので、日中のファッション関係者ら約200人が集まった。

 25年前のショーは、まだ人民服が多く見られた時代の中国で強い印象を残した。当時は北京にはモデルがおらず、募集をすると軍や警察関係者からも応募があったという。コシノさんはこの日の会場で「この25年間の(中国の)ファッション界の発展ぶりは大変なもの」と感慨を語った。

 また、北京市の798芸術区のギャラリー「東京画廊+BTAP」では、コシノさんの中国などでの活動25年を振り返るパネルや、夫で写真家の鈴木弘之さんの作品を展示した写真展を30日まで開催している。

<掘り出しニュース>札幌で民家半焼 飼い主起こし、愛犬焼け死ぬ(毎日新聞)
新たな特産品へ オリーブ牛の初出荷 小豆島(産経新聞)
首相動静(5月16日)(時事通信)
種牛ショック、宮崎は残り6頭に…口蹄疫(読売新聞)
10億円着服容疑で逮捕=近鉄子会社の元社員-大阪地検(時事通信)

<南アW杯>選手決定で都内各地で号外1万部配布…毎日新聞(毎日新聞)

 毎日新聞は10日、サッカーワールドカップ(W杯)日本代表23選手の決定直後に、東京・銀座の数寄屋橋交差点など都内各地で号外1万部を配った。買い物客らが次々と手に取り、主婦の和田美恵子さん(65)は「突破力のある玉田さんのゴールを期待したい。まずは決勝トーナメントに進出してほしい」と興奮気味に話した。【福永方人】

【関連ニュース】
南アW杯:記念切手を発行 31日から発売…郵便事業会社
南アW杯:日本代表を発表…楢崎、川口は4大会連続
南アW杯:新競技場に誇り…開幕まで1カ月
南アW杯:トラブル多発のツアー業者…銀行が口座凍結
南アW杯:優勝トロフィー、日本に到着…6キロ純金製

尼崎の市営住宅に組事務所、組長に逮捕状(読売新聞)
普天間問題 社民反発 5月政局本格化(産経新聞)
<ゴッホ>ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)
東証一時400円超下落 ギリシャ発株安拡大 日銀が2兆円供給(産経新聞)
酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
プロフィール

ミスターこうじかわべ

Author:ミスターこうじかわべ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。